忍者ブログ

下館レイル倶楽部

真岡鐵道・関東鉄道常総線・JR水戸線が集まる「下館」を中心に活動する鉄道模型趣味・鉄道趣味の倶楽部です。(2009年6月12日開設)

引退迫る水戸線の「415系1500番台」

■2016年3月ダイヤ改正で水戸線・常磐線から引退

 1986年のデビュー以来、30年に渡って水戸線・常磐線で走ってきた「415系1500番台」
 2016年3月のダイヤ改正をもって引退します。▲ いよいよ引退する「415系1500番台」。背後に見える国道50号線の跨線橋は、バイパス工事の進捗に伴って掛け替え予定なので、この組み合わせで撮影できるのもあと一月半ほど。

 「415系1500番台」は、JR宇都宮線や高崎線、東海道本線などに投入された直流電車「211系」と同じ「顔」とステンレス車体を有する交直流電車です。
 ただし足回りは「211系」と同等ではなく、鋼製「415系」との共通運用・併結を考慮して、あえて鋼製「415系」と同じ性能に抑制していました。
 基本的に4両編成・全車ロングシート仕様として製造されました。▲ 撮影したのは、2016年2月9日(火)。下館駅に向かう「735M」列車は「K537」編成でした。

 例外で異彩を放っていたのは、試験的に製造された2階建ての制御「クハ415-1901」
 着座数の増加を狙って製造され、ドア数が少ない(2ドア車)ことから停車駅が少ない「通勤快速」要に用いられました。
 シート配置は、1階と車両後部は2+2列のクロスシート、ドア付近はロングシート、2階は2+3列のクロスシートでした。
 たった1両のみの製造でしたが、後に「215系」を開発する際の参考となりました。▲ 下館駅を発つ「K535」編成。2016年2月11日(木/祝)撮影。

 また、付随車「サハ」は2両しか製造されず、上記「クハ415-1901」と同じ「K880」編成用に製造された「サハ411-1601」と、鋼製「415系」の7両編成に組み込まれた「サハ411-1701」(セミクロスシート車)のみでした。▲ 上記「744M」列車は、「K535」編成が充当されていました。

 引退まで、あと一月半ほど。
 間際になってから慌てず、乗るのも録るのも、くれぐれもお早めに……。


※なお、この記事にコメントをつける場合は、記事タイトル下の「CM」部分をクリックすると投稿できます。


拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 12
14 15 16 17 18 19
21 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
下館レイル倶楽部・代表
性別:
男性
趣味:
鉄道、鉄道模型、ミリタリーなど
自己紹介:
 「下館レイル倶楽部」は、鉄道の街・下館(茨城県筑西市)を中心に活動する鉄道&鉄道模型の趣味団体です。
 しもだて地域交流センター「アルテリオ」で鉄道模型の運転会を毎月開催するほか、各種イベントの見学・撮影なども実施しています。
 公共交通の上手な利活用や、鉄道など公共交通を活かしたまちづくりなどの情報発信も行います!

mixi(ミクシィ)
Facebook(フェイスブック)
Twitter(ツイッター)

・ご連絡&お問い合わせメールアドレス
 nal@sainet.or.jp(←「@」を半角文字にしてお送りください)

ブログ内検索

カウンター

リンク

最新コメント

[02/20 GOO]
[07/27 NAL(管理人)]
[07/12 風旅記]
[12/26 NAL(管理人)]
[12/25 いわせあきひこ]
[07/29 (ハンドルネームをご記入ください)]
[05/15 (ハンドルネームをご記入ください)]
[09/06 関鉄RFC会長]
[09/06 関鉄RFC会長]
[04/25 NAL(管理人)]

最新トラックバック

忍者アド

アクセス解析

Copyright ©  -- 下館レイル倶楽部 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ