忍者ブログ

下館レイル倶楽部

真岡鐵道・関東鉄道常総線・JR水戸線が集まる「下館」を中心に活動する鉄道模型趣味・鉄道趣味の倶楽部です。(2009年6月12日開設)

【JR東日本】復元中の「C61 20」が火入れ式を実施

 復元作業が行われている「C61 20」「火入れ式」が大宮総合車両センターで行われました。
 今春予定している「復活」に向けて、一つの重要なセレモニーを終えたことになります。

・ついにC61 20が火入れ。(「編集長敬白」 2011年1月27日)
 http://rail.hobidas.com/blog/natori/archives/2011/01/c61.html
 (動画もあります)

 詳しくは「編集長敬白」の記事をご覧いただくとして……。

 「C61 20」が「復活」すれば、JR東日本が有する蒸気機関車は「C57」「D51」「C61」の3両体制となり、より弾力的な運用が行えるようになるものと思います。
 これに真岡鐵道から「C11 325」を借り入れるので、従来以上にSL列車の運行が行えるようになるはずです。


 「C61」は、「D51」のボイラーと「C57」の足回りを流用した旅客用機関車で、かつては特急「はつかり」などの牽引も受け持っていました。
 JRが3両目の蒸機として「C61」を選んだ真相は推測するしかないのですが、既に「D51」と「C57」を運用していたことを考えると、他の形式を復元するより、メンテナンスなどの面で有利だと判断したのかも知れません。
 (単に「他の候補機より状態が良かった」だけなのかも知れませんが……)

 いずれにしても、各地で蒸気機関車が走る姿を見ることができるというのは、子ども達に生で産業遺産に触れてもらう機会が増えることでもあるし、鉄道に興味を持ってもらう機会にもなりますので、心強いものを感じます。
 (家庭では「クルマしか乗らない」という子どもが増えているので、蒸気機関車が公共交通を認識・利用するきっかけの一つになるでしょうから)

 「復活」した蒸気機関車は、余命を考えて「全力運転」は行っていないのですが、「本当は結構速いんだぞ」ということを感じてもらえるように、たまに全力運転してみても良いかも知れません(無理か……)。


※なお、この記事にコメントをつける場合は、記事タイトル下の「CM」部分をクリックすると投稿できます。


拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
NAL(管理人)
性別:
男性
趣味:
鉄道、鉄道模型、ミリタリーなど
自己紹介:
 「下館レイル倶楽部」は、鉄道の街・下館(茨城県筑西市)を中心に活動する鉄道&鉄道模型の趣味団体です。
 しもだて地域交流センター「アルテリオ」で鉄道模型の運転会を毎月開催するほか、各種イベントの見学・撮影なども実施しています。
 公共交通の上手な利活用や、鉄道など公共交通を活かしたまちづくりなどの情報発信も行います!

mixi(ミクシィ)
Facebook(フェイスブック)
Twitter(ツイッター)

・ご連絡&お問い合わせメールアドレス
 nal@sainet.or.jp(←「@」を半角文字にしてお送りください)

ブログ内検索

カウンター

リンク

最新コメント

[02/20 GOO]
[10/31 (ハンドルネームをご記入ください)]
[07/27 NAL(管理人)]
[07/12 風旅記]
[12/26 NAL(管理人)]
[12/25 いわせあきひこ]
[07/29 (ハンドルネームをご記入ください)]
[05/15 (ハンドルネームをご記入ください)]
[09/06 関鉄RFC会長]
[09/06 関鉄RFC会長]

最新トラックバック

忍者アド

アクセス解析

Copyright ©  -- 下館レイル倶楽部 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / Powered by [PR]

 / 忍者ブログ